So-net無料ブログ作成
検索選択



TOSHIBA 空気清浄機 ホワイト CAF-M ブログトップ

TOSHIBA 空気清浄機 ホワイト CAF-M16S(W) amazon購入 [TOSHIBA 空気清浄機 ホワイト CAF-M]

TOSHIBA 空気清浄機 ホワイト CAF-M16S(W)を amazonで購入。

レビューします。

そもそもの購入目的ですが、アトピーがひどくなり、あらゆる原因を考えて、アレルゲン物質の防止です。従って、除菌とかそれほど高機能でなくても十分でした。それで、安いのを探していましたが、候補にあがったのがこれと三洋のABC-S16Bです。

三洋のABC-S16Bのフィルターは交換目安が2年。こちらは半導体工場とかで使われる「HEPAフィルター」の高機能フィルターであり、交換目安が5年ということで、その価格差も3千円程度なのでこちらにしました。

実際の使用感ですが、4.5畳の自室には十分過ぎるスペックです。最初、電源を入れると5分間運転し、その部屋のニオイセンサーの基準となる汚れ具合を測定します。従って、この時はタバコなど空気が汚れていない普通の時に行う必要があります。

ニオイセンサーの感度は極めて良く、部屋で紅茶やコーヒーを飲むだけでも、そのニオイには反応します。ちなみにニオイセンサーは3段階です。
自動運転の場合、このセンサーにより、運転レベル(静音、中、強)を自動的に切り替えます。もちろん、手動設定や静かにしたい時は「おやすみモード」もあります。

気になる運転音ですが、静音ですと寝る時に枕元に置いても気になりません。これはお世辞ではなく、本当に静かです。しかし、中や強の運転ですとそれなりに音はします。吸気口は右、左の側面と下部にあり、排気口は上部、左側になります。

空気の循環性能は思ったよりも良く、天井の紐等も揺れ、使用開始が冬場なのですが、空気が循環するので、当然、少し寒く感じます。

去年、発売されたばかりの商品で、長時間運転するので気になる消費電力は静音で9.5W、最大で60Wです。総合的に見てコンパクトで満足しています。

今、流行のシャープのプラズマクラスターの搭載機種もあるようですが、そういうのが欲しい場合でも、スペースが許すならば、プラズマクラスター発生機能付き空気清浄機を買うより、プラズマクラスター発生器と別々に購入した方が割安な気がします。

こういう純正交換フィルターは本体価格の半分もするほど高いのですが、5年もすると安くて良い商品が販売されているのではと思います。

TOSHIBA 空気清浄機 ホワイト CAF-M16S(W)

新品価格
¥11,400から
(2011/3/13 17:46時点)







共通テーマ:ショッピング
TOSHIBA 空気清浄機 ホワイト CAF-M ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。